Go

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディアGoの記事があります。
メインページ > 工学 > 情報技術 > プログラミング > Go

Goは、Googleの開発したプログラミング言語のひとつです。

Goは、システムプログラミングを念頭に置いて設計された汎用言語です[1]。 強く型付けされ、ガベージコレクションされており、コンカレントプログラミングを明示的にサポートしています。 プログラムはパッケージから構築され、その特性により依存関係を効率的に管理することができます。 文法はコンパクトで解析が簡単なため、統合開発環境などの自動ツールで簡単に解析することができます。

尚、公式サイトのドメイン名 golang.org から golang と表記される場合もありますが、このプログラム言語の正式名称は Go です。

目次[編集]

ウィキバーシティ
ウィキバーシティGoの学習教材があります。
チュートリアル篇
環境構築
実行の方法  — Hello, World
文法の概要
変数と型変換
算術演算と数学関数
条件分岐と繰り返し  — if, switch, select, for, break, continue, return
関数
メソッドとインターフェース
再帰的関数呼出し
メソッドチェイン
defer,panicとrecover
並行処理
配列型とスライス型
マップ型
構造体型と構造体スライス
Goのプログラムがどんなアセンブリにコンパイルされるか?  — go tool objdump
クロスコンパイル  — GOOS, GOARCH
cgoでGoのコードからCの関数を利用する  — cgo
Goのコードでgoのバージョンを調べる方法
HTTP
ファイル入出力
リファレンス篇
ソースコードの表現方法
キーワードと宣言済み識別子  — キーワード宣言済み識別子組込み型組込み関数
字句的要素
定数と変数  — 定数iota)・変数
型と値の特性
ブロック・宣言とスコープ  — ブロック宣言とスコープ
 — 演算子
パッケージ
プログラムの初期化と実行
エラー
EBNF
標準ライブラリー篇

脚註[編集]

  1. ^ “Introduction¶”. The Go Programming Language Specification. The Go website. (Jul 26, 2021). https://golang.org/ref/spec#Introduction. 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]