Go

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メインページ > 工学 > 情報技術 > プログラミング > Go

Goは、Googleが開発したオープンソースの汎用プログラミング言語であり、システムプログラミングを主な目的として設計されています[1]。 静的型付け言語であるため、高速で効率的なプログラムを作成することができ、また、並行処理を簡単に実装できるため、高い並行性を持ちます。 Goの文法はシンプルで読みやすく、効率的にコーディングできるため、開発者は迅速に新しいコードを書くことができます。 Goは自動的にメモリを管理するため、メモリ管理に関する手間を減らすことができます。 さらに、Windows、macOS、Linuxなど、多くのプラットフォームで動作し、標準ライブラリが豊富であり、多くの外部ライブラリが存在するため、広範な用途に対応することができます。 Goのコミュニティは活発であり、多くの開発者が参加しているため、質問や問題解決のためのリソースが豊富であり、新しい機能やライブラリが定期的にリリースされています。

この教科書では、初めてGoを学ぶ人から、より高度なトピックに興味のある人まで、幅広い読者を対象に、Goの基本から応用までを網羅的に解説します。

目次[編集]

チュートリアル篇
環境構築
実行の方法  — Hello, World
文法の概要
変数と型変換
算術演算と数学関数
条件分岐と繰り返し  — if, switch, select, for, break, continue, return
関数
メソッドとインターフェース
再帰的関数呼出し
メソッドチェイン
defer,panicとrecover
並行処理
配列型とスライス型
マップ型
構造体型と構造体スライス
Goのプログラムがどんなアセンブリにコンパイルされるか?  — go tool objdump
クロスコンパイル  — GOOS, GOARCH
cgoでGoのコードからCの関数を利用する  — cgo
Goのコードでgoのバージョンを調べる方法
HTTP
ファイル入出力
リファレンス篇
ソースコードの表現方法
キーワードと宣言済み識別子  — キーワード宣言済み識別子組込み型組込み関数
字句的要素
定数と変数  — 定数iota)・変数
型と値の特性
ブロック・宣言とスコープ  — ブロック宣言とスコープ
 — 演算子
パッケージ
プログラムの初期化と実行
エラー
EBNF
標準ライブラリー篇

バージョン間の変更点[編集]

Go は、約半年に1度のペースで新しいバージョンがリリースされています。 バージョンが変わると、言語仕様に追加変更があったり、ツールチェーン、ランタイム、およびライブラリの実装に変更が加えられることがあり、稀にですが既存のプログラムに影響が出ることもあります。 この項目は『チュートリアル』にも『リファレンス』にもなじまないので、教科書の目次ページにバージョンの新しい順に変更点を記載しました。

Go 1.20[編集]

Go 1.20が、2023年2月にリリースされました[2][3]

Go 1.20では、スライスから配列への変換が可能になりました。また、unsafeパッケージには新しい関数が追加され、スライスや文字列の値を構築および分解する完全な機能が提供されるようになりました。また、新しい仕様により、構造体のフィールドと配列の要素の比較が最初の不一致で停止するようになり、厳密に比較できない型引数を持つ型パラメータを使用して、比較制約に制限された型をインスタンス化することが可能になりました。

Go 1.19[編集]

Go 1.19が、2022年8月にリリースされました[4][5]

Go 1.19では、ツールチェーン、ランタイム、およびライブラリの実装に変更が加えられています。言語にはわずかな修正があり、既存のプログラムには影響がないです。メモリモデルも更新され、C、C ++、Java、JavaScript、Rust、Swiftなどのメモリモデルに合わせられた。Go 1.19では、sync/atomicパッケージに新しい型が導入され、atomic.Int64やatomic.Pointer[T]などのatomic値をより簡単に使用できるようになっています。Go 1の互換性を維持しており、ほとんどのGoプログラムは引き続き従前どおりにコンパイルおよび実行されることが予想されます。

Go 1.18[編集]

Go 1.18が、2022年3月にリリースされました[6]

Go 1.18 には、型パラメータプロポーザル[7]で説明されたジェネリック機能の実装が含まれています。

以下は、最も目に付く変更点のリストです。

  • 関数と型宣言の構文に型パラメータが使えるようになりました。⇒ /関数#ジェネリック関数
  • パラメータ化された関数や型は、その後に角括弧で型引数のリストを記述することでインスタンス化することができます。
  • 新しいトークン ~ が演算子および区切子(punctuation)に追加されました。⇒ /字句的要素#演算子と区切子
  • インターフェイス型の構文では、任意の型(インターフェイスの型名だけでなく)、unionや~T型要素を埋め込むことができるようになりました。このようなインターフェースは、型制約としてのみ使用することができます。インターフェイスはメソッドと同様に型の集合を定義するようになりました。⇒ /型#インターフェース型
  • 新しい事前宣言された識別子anyは空のインターフェースの別名です。これは interface{} の代わりに使用することができます。
  • 新しい宣言済み識別子 comparable==!= を使って比較できる全ての型の集合を表すインターフェースです.

ジェネリックを使った実験的なパッケージが3つあり、便利かもしれません。これらのパッケージは x/exp リポジトリにあります。これらのパッケージの API は Go 1 の保証の対象外であり、ジェネリックの経験を積むにつれて変更される可能性があります。

golang.org/x/exp/constraints
constraints.Orderedのようなジェネリックコードに便利な制約です。
golang.org/x/exp/slices
任意の要素タイプのスライス上で操作するジェネリック関数のコレクションです。
golang.org/x/exp/maps
任意のキーや要素タイプのマップ上で操作するジェネリック関数のコレクションです。

Go 1.18は、言語、ツールチェーン、ランタイム、ライブラリに変更があり、互換性が保たれている。最大の変更点は、ジェネリックスの導入である。ジェネリックスはバックワード互換性があるが、実際に多くの人が書き、使用して初めて本番環境で十分にテストされる。ジェネリックスの使用は推奨されるが、本番環境で使用する場合は注意が必要である。ジェネリックスにはいくつかの制限があるが、これらは将来的に改善される可能性がある。これらの変更により、Goエコシステム全体に影響があり、完全なサポートには時間がかかるだろう。

Go 1.17[編集]

Go 1.17が、2021年8月にリリースされました[8][9]

Go 1.17は、ツールチェーン、ランタイム、およびライブラリの実装の変更が中心で、ほとんどの変更は互換性が維持されています。言語自体には3つの小さな強化があり、スライスから配列ポインタへの変換、unsafe.Add、unsafe.Sliceが追加されました。このうち、スライスから配列ポインタへの変換が実行時にpanicを引き起こす場合があるため、タイプ変換が実行時にpanicを引き起こす可能性があることを考慮する必要があります。新しいプログラムを書く場合も、以前と同様に、unsafe.Pointerの安全ルールに従う必要があります。

Go 1.16[編集]

Go 1.16が、2021年2月にリリースされました[10][11]

Go 1.16では、ツールチェーン、ランタイム、ライブラリの実装が変更されています。Go 1の互換性を維持しながら、ほとんどのプログラムが従来通りにコンパイルおよび実行できるようになっています。言語には変更はありません。

Go 1.15[編集]

Go 1.15が、2020年8月にリリースされました[12][13]

Go 1.15では、リンカーの大幅な改良、高いコア数での小規模オブジェクトの割り当ての改善、X.509 CommonNameの非推奨化、そして新しい埋め込みtzdataパッケージの追加が含まれています。

Go 1.14[編集]

Go 1.14が、2020年2月にリリースされました[14][15]

Go 1.14では、オーバーラップするインターフェースの提案により、埋め込まれたインターフェースで同じ名前とシグネチャを持つメソッドを許可するようになりました。しかし、インターフェース内で宣言されたメソッドは以前と同様にユニークである必要があります。

Go 1.13[編集]

Go 1.13が、2019年2月にリリースされました[16][17]

Go 1.13では、数字リテラルの接頭辞が変更され、バイナリ整数、8進数整数、16進数浮動小数点数、虚数リテラル、数字区切りが使用できるようになりました。さらに、符号付きシフトカウントの制限が撤廃され、制限がなくなりました。これらの変更は、コンパイラの変更によって実現されました。Go 1.13を使用するには、go.modファイルで言語バージョンを指定する必要があります。

Go 1.12[編集]

Go 1.12が、2019年2月にリリースされました[18][19]

Go 1.12では、ツールチェーン、ランタイム、ライブラリの実装が変更されています。Go 1の互換性を維持しながら、ほとんどのプログラムが従来通りにコンパイルおよび実行できるようになっています。言語には変更はありません。

脚註[編集]

  1. ^ “Introduction¶”. The Go Programming Language Specification. The Go website. (Jul 26, 2021). https://golang.org/ref/spec#Introduction. 
  2. ^ Go 1.20 Release Notes - The Go Programming Language. (2023/02/01). https://go.dev/doc/go1.20 2023年3月5日閲覧。. 
  3. ^ Go 1.20 is released! - The Go Programming Language. (2023/02/01). https://go.dev/blog/go1.20 2023年3月5日閲覧。. 
  4. ^ Go 1.19 Release Notes - The Go Programming Language. (2022/08/02). https://go.dev/doc/go1.19 2022年8月4日閲覧。. 
  5. ^ Go 1.19 is released! - The Go Programming Language. (2022/08/02). https://go.dev/blog/go1.19 2022年8月4日閲覧。. 
  6. ^ Go 1.18 Release Notes - The Go Programming Language. (2022/03/10). https://go.dev/doc/go1.18 2022年8月4日閲覧。. 
  7. ^ Type Parameters Proposal. https://go.googlesource.com/proposal/+/refs/heads/master/design/43651-type-parameters.md 2021年9月30日閲覧。. 
  8. ^ Go 1.17 Release Notes - The Go Programming Language. (2021/08/16). https://go.dev/doc/go1.17 2023年3月6日閲覧。. 
  9. ^ Go 1.17 is released! - The Go Programming Language. (2021/08/16). https://go.dev/blog/go1.17 2023年3月6日閲覧。. 
  10. ^ Go 1.16 Release Notes - The Go Programming Language. (2021/02/16). https://go.dev/doc/go1.16 2023年3月6日閲覧。. 
  11. ^ Go 1.16 is released! - The Go Programming Language. (2021/02/16). https://go.dev/blog/go1.16 2023年3月6日閲覧。. 
  12. ^ Go 1.15 Release Notes - The Go Programming Language. (2020/08/11). https://go.dev/doc/go1.15 2023年3月12日閲覧。. 
  13. ^ Go 1.15 is released! - The Go Programming Language. (2020/08/11). https://go.dev/blog/go1.15 2023年3月12日閲覧。. 
  14. ^ Go 1.14 Release Notes - The Go Programming Language. (2020/02/25). https://go.dev/doc/go1.14 2023年3月12日閲覧。. 
  15. ^ Go 1.14 is released! - The Go Programming Language. (2020/02/25). https://go.dev/blog/go1.14 2023年3月12日閲覧。. 
  16. ^ Go 1.13 Release Notes - The Go Programming Language. (2019/09/03). https://go.dev/doc/go1.13 2023年3月12日閲覧。. 
  17. ^ Go 1.13 is released! - The Go Programming Language. (2019/09/03). https://go.dev/blog/go1.13 2023年3月12日閲覧。. 
  18. ^ Go 1.12 Release Notes - The Go Programming Language. (2019/02/25). https://go.dev/doc/go1.12 2023年3月12日閲覧。. 
  19. ^ Go 1.12 is released! - The Go Programming Language. (2019/02/25). https://go.dev/blog/go1.12 2023年3月12日閲覧。. 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

Wikipedia
Wikipedia
ウィキペディアGoの記事があります。
ウィキバーシティ
ウィキバーシティ
ウィキバーシティGoの学習教材があります。