Python/リスト

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

リスト[編集]

いくつもの数値を、ひとつにまとめる事ができます。

たとえば、 (下記のコードは不要)

a=10
b=20
c=30

と書かなくても、

かわりに、

matome = [10 ,20 ,30]
print(matome)

と、書くことができます。

このように、pythonには変数をひとまとめにできる機能があり、上記のコードのような[ ]をもちいた機能はリストといいます。


リスト内の項目の順番は、プログラムを書くときに数え方では、左から順に0から数えます。

たとえば、上記のコードのリストmatomeでは、0番目の中身は数値「10」です。 リストmatomeの1番目の項目の中身は、数値「20」です。

たとえば、

matome = [10 ,20 ,30]
print(matome[1])

上記のコードを実行すると、「20」が表示されます。matome[1]とは、「リストmatomeのうちの、1番目」の意味ですが、しかしリストの数え方では、左から順に0番目から数えるので、リストの1番目とは、左から2つめにある数のことですので、表示されるのは数値「20」なわけです。

リストの各項目ごとに、代入をすることもできます。

matome = [10 ,20 ,30]
matome[0] = 4
print matome

上記のコードを実行すると、表示されるのは、

[4, 20, 30]

です。

リストと文字列[編集]

リストの項目は、文字列でも、かまいません。

matome = ["aaa" ,"bb" ,"cccc"]
matome[0] = 4
print(matome)

上記のコードを実行すると、表示されるのは、

[4, 'bb', 'cccc']

です。

項目の追加[編集]

リストの項目に、あとから追加することもできます。

matome = ["aaa" ,"bb" ,"cccc"]
matome.append("d")
print(matome)

上記のコードを実行すると、表示されるのは、

['aaa', 'bb', 'cccc', 'd']

です。


項目の削除[編集]

リストの項目を、あとから削除することもできます。次のコードのようにpop()を使うと、リスト右端の項目を削除できます。

matome = ["aaa" ,"bb" ,"cccc"]
matome.pop()
print(matome)

上記のコードを実行すると、表示されるのは、

['aaa', 'bb']

です。

項目の右端を削除したいリストのうしろに「.pop()」をつけることで、項目の右端を削除していけます。

なお、この.pop()のような、操作したい対象物のうしろにドット記号(.)と操作内容のキーワードをつける表記のことをpythonでは、「メソッド」といいます。


matome.pop()をくりかえすと、さらに右端から、削除していきます。

matome = ["aaa" ,"bb" ,"cccc"]
matome.pop()
matome.pop()
print(matome)

上記のコードを実行すると、表示されるのは、

['aaa']

です。