Wikibooks:管理者への立候補/Electric goat 20070206

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Electric goat[編集]

  • 管理者(賛成: 6/反対: 0/ その他: 0)
  • ビューロクラット(賛成: 5/反対: 1/ その他: 0)

管理者に立候補します。ビューロクラットについても立候補しておきます。立候補の背景についてはWikibooks‐ノート:管理者への立候補も御覧ください。とりあえず一時的なものを考えていて、他のアクティブな管理者が2人に増えた時点で、自発的に辞任か信任投票を依頼するつもりです。日本語版の姉妹プロジェクトは定期的に見て回っています。その中でウィキブックスだけが事実上、管理者が不在の状態となっています。立候補する一番の理由は、現状だとプロジェクト全体が立ち行かなくなる不安を感じたからです。今のところ私はウィキブックスでの実績はほぼありませんが、ウィキペディアとウィクショナリーで管理者の実績があります。即時削除やブロックなどの判断はそれほど大きな間違いはしないと思います。削除依頼は皆さんの議論で決まることですから、ウィキブックス固有の問題が私の意見によって左右されることはないでしょうし、私が勝手な判断をすることはありません。ついでに正直に言うと、私が管理者になったとしてもウィキブックスの整備が自動的に進むということもないでしょう。ビューロクラットについては実績がありませんが、他の管理者候補が出たときや、利用者名の変更依頼があったときに対応したいと考えています。ウィキブックスでの実績はこれからというところです。質問等ありましたらご遠慮なくどうぞ。e-Goat 2007年2月5日 (月) 15:30 (UTC)

  • (賛成)管理者、ビューロとも。--Aphaia 2007年2月5日 (月) 22:33 (UTC)
  • (賛成)管理者、ビューロとも。--Tomzo 2007年2月6日 (火) 01:51 (UTC)
  • (賛成)管理者、ビューロクラットとも賛成します。--Do21 2007年2月6日 (火) 03:34 (UTC)
  • (管理者について条件付賛成、ビューロについては反対)管理者については早急に必要な状況であり、賛成票を投じることにします。ただしウィキブックスでの活動が少ないため、立候補者の声明どおり短期間の管理者となっていただき、ウィキブックスのメインユーザーから1人新たに管理者が現れた時点までが妥当な線ではないかと私は考えます。また、ビューロクラットは特に立候補者に就任していただかなくとも大きな混乱はないと考えます。いるに越したことはないということは否定できませんが、早急に必要でありこの機会にぜひという緊急性は認めません。他の管理者候補が出た場合はメタで依頼すればよいでしょう。利用者名変更依頼はしばしばありますが、荒らしに対応するためという当初の立候補者のコメントがありますので、この活動に関しては無理してなさらなくても良いのではないかと考えます。また、「当該プロジェクトで実績がなくてもビューロになれる」という前例を作って果たしてよいのだろうかと疑問があり、立候補者のビューロクラット就任について積極的にはなれません。したがって、管理者については一時的な就任との条件付で賛成し、ビューロクラットについては反対とさせていただきます。--Ninomy-chat 2007年2月6日 (火) 14:35 (UTC)
  • (コメント)管理者に立候補なさるのは結構ですが、どの程度の期間まで活動が可能なのでしょうか。他の管理者が現れるまでとは言っても無期限に活動するということはできないと思われますので、最長でどの程度であるかお聞かせください。また、今後ウィキブックスの教科書を執筆するご予定はありますか。あるいは、プロジェクト文書の整備に関してコメント等はありますか。プロジェクト文書整備を(しばしば反感を買っていますが)若干進めている立場ですので、ご意見いただければ幸いです。--Ninomy-chat 2007年2月6日 (火) 14:35 (UTC)
他のアクティブな管理者が現れるまでですから、現れないなら最長で無期限になります。現実的には1年以内には2人以上増えていると良いと思います。また、そうなるような状況に持っていきたいと思っています。いちおう、管理者とか長期の企画や大掛かりなイベントのオーガナイザとかを及び腰で臨むことはしないことにしています。いくつか投げ出した企画もありますけど、ウィキペディアで立ち上げたものについては軌道に乗るまで運営に関わって来ました。ウィクショナリーについてもまあ、そんな意味合いがあります。これまでにそういう中規模以上の企画に対して、自分なりの視点を持ち、実際に行動を起こして、それなりの実績を積んできたと言っても良いのではないかと思います、ちょっと大げさですが。もちろん他の人の協力があってできたことですし、ここでも協力してもらいやすい工夫を考えていかなくてはならないと思います。
 最初は掃除と調整役だけでもいいかなと思ってたのですが、話しているうちにもう少し踏み込んで関わった方が良いなと思い直しました。執筆は構想中です。極初期に参加を検討したときにちょっと考えたことがありますので、それをベースに何かやろうと思いますが、私が自分で欲しいものはウェブ上にウィキベースのものも含めて既に作成されていますし、オリジナリティがあり役立つものをここで作るとなると、どうしたものか悩むところではあります。まあ、何でも試行錯誤が必要で、その過程を楽しむことにしようと思います。
 プロジェクト文書整備は進めていく必要はあると思いますし、これまでの整備に敬意をはらいます。が、今はプロジェクトが運営可能なレベルを保つことが出来ればひとまず十分で、そのためにはそんなにルールは必要ではないと思います。仮ルールで機能していればルールはどこからからそのまま導入したりするより、過去の議論をまとめて作っていく方が、そのプロジェクトにふさわしいものになると思います。大変ですけどね。いざとなればウィキペディアや英語版ウィキブックスの前例がありますし、そもそもよく考えて説得力のある説明と判断ができるなら、ルールや前例がなくてもやっていけると思います、特に人の少ないうちは。ルールのメリットは判断を一元化でき、説明をはぶけるということです。ルールがなければ何かが(何も)できないということはありません。
 反感を買うことについては考察をして私なりの解答を持っていますが、結構長い文章になってしまったし、ここで書くことではないので書かないことにします。一言で言えばNinomyさんに総合的な説得力が備わっていないことが原因でしょう。ともあれ、今一番必要なのはウィキブックスっていうのはこういうことができて、素晴らしい可能性があるんだ、ということを見つけ出し、リアリティを持って示すことじゃないかと思っています。難しいですね。難しいけど、各々が考えて議論したり協力したりしながら実行していくのがウィキのやりかただと思います。
e-Goat 2007年2月8日 (木) 10:23 (UTC)
(コメント)Ninomyさんの意見は以前ちょっと問題になったWikibooks:管理者の辞任を整備し直すことでより有効な形でウィキブックス全体のために反映させることが可能だと思います。今回はあまりがんばりすぎないほうがいいでしょうね。--倫敦橋 (Londonbashi) 2007年2月11日 (日) 14:50 (UTC)
  • (賛成)管理者、ビューロとも。正直、ブックスのレギュラーメンバーは自前で管理者すら調達することもできなかったわけですから、とやかく注文をつけられる立場ではないと思いますが、できれば管理者としても執筆者としても長期活動していただきたいと思います。--倫敦橋 (Londonbashi) 2007年2月6日 (火) 14:40 (UTC)
  • (賛成)管理者、ビューロとも。-- 2007年2月7日 (水) 04:52 (UTC)
    • 管理者、ビューロクラット権限が付与されたようです。今後ともよろしくお願い申し上げます。(ビューロクラットからコメントがありませんでしたので報告まで。)--Ninomy-chat 2007年2月13日 (火) 05:58 (UTC)
    • 管理者とビューロクラットになりました。よろしくお願いします。そう遠くないうちに他の候補者がでることを願っています。そのあたりもひとつよろしくお願いします。e-Goat 2007年2月14日 (水) 03:21 (UTC)