Wikibooks:削除依頼

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動: 案内検索

素案です

このページに書き込まれた内容はカット&ペーストなどにより、GFDL に厳密に即さない扱いをされることがあることに同意をお願いします。

管理者の機能を使用してページの削除を行います。削除を依頼する際にはWikibooks:削除の方針を確認してください。一部の依頼はWikibooks:即時削除Wikibooks:復帰の方針等が関係することがあるかもしれません。削除されたページの復帰依頼も此処で受け付けます。

手順[編集]

審議[編集]

削除が必要と思われるページがある場合、利用者の間で審議する機会を設けるために当該ページへのリンクをリストします。リストされた削除対象のページの冒頭には、ここで審議が行われていることを案内する定型文を挿入してください。定型文は {{sakujo}} によって挿入することができます。

リストされた案件の処理について合意を形成してください。可読性を確保するため、依頼やコメントは以下に定める書式に従ってください。

書式[編集]

基本的には以下の形式でリストしてください。ただし必要により多少変則的な形式を許容することがあります。

=== [[対象ページ名]] - [[ノート:対象ページ名|ノート]] ===
削除依頼とその理由 --~~~~
* (削除)削除を望む意見とその理由 --~~~~
* (存続)存続を望む意見とその理由 --~~~~
* (コメント)はっきりと削除や存続の意思を表明しない意見 --~~~~
** (対処)管理者による削除などの対処報告 --~~~~
** (終了)そのまま存続、ページの移動などでの終了宣言 --~~~~

可読性を上げるため、インデントを用いたりリストの階層を深くしたりしないでください。また、終了・対処の宣言は一段下げて下さい。復帰の依頼についてもこれに準じます。

対処[編集]

削除が適当であると判断された場合には管理者によって削除されます。削除されたページへのリンクは解除しておいてください。削除されたページは特別:Log/deleteに記録されます(MediaWiki1.3 以前の削除履歴はwikibooks:削除記録に記録されています)。

ノートページに削除に関する情報・議論などが存在する場合は、それに関する議論をサブページとして移動し保存してください(削除前と削除後の履歴が混じらないように、コピー&ペーストやカット&ペーストでなく必ず移動機能を使用してください)。元のノートページには削除があったこととサブページ化した議論への案内を書き込んでください。これは削除に関する議論の保存と、削除後改めてページが作られた際に混乱や誤解が起きることを防ぐ目的で行います。

ログ化[編集]

審議が終了した案件は、適宜ログ化してください。基本的には要約欄に案件名を明示して対象となる議論を単純に除去します。必要と思われる場合は当該ページのノートのサブページとしてカット&ペーストによるログ化を行ってください(この場合も要約欄に案件名を明示して取り除きます)。

削除以外の方法が適当であると判断された場合には、同様の依頼を避けるため最低一週間は議論をリストしておいてください。

注意事項[編集]

  • 削除依頼する場合には方針に沿った依頼理由を必ず添えてください。
  • 削除に関して意見を述べる場合には冒頭に(削除)・(存続)・(コメント)の表明を忘れないでください。
  • 依頼・意見には必ず ~~~~ による署名(時間付き署名)をしてください。署名なき(あるいは IP による)依頼・意見は無効票あるいは単なるコメントとして扱われることがあります。
  • このページでは他案件の議論を圧迫することを防ぐ目的から、削除(あるいは復帰)の是非のみに絞って賛否の表明をすることを求めます。削除に関して詳細な検証などが必要である、または削除そのもの以外の問題に関する議論がある、などの場合は当該ページのノートを使用してください。
    • 同様の理由からコメントへのコメントも極力避け、必要であれば当該発言者のノートページへ移動してください。


2014年[編集]

労働基準法第21条ノート / 履歴 / ログ[編集]

この編集2014年9月10日 (水) 14:14の版で追加された解説文が,このサイトの解説文をコピペしたものと考えられます。著作権侵害が疑われる案件として削除の方針の「法令等に違反するあるいは違反する可能性があるもの」「GFDL 等のライセンスや Wikibooks の方針・規定に反すると思われるもの」に該当すると判断しました。よって,最初に提示した差分(2014年9月10日 (水) 14:14の版)と次の差し戻し編集分(2014年9月10日 (水) 14:39の版)の版指定削除を依頼します。

  • (版指定削除)依頼者票。--かげろん (トーク) 2014年9月10日 (水) 14:57 (UTC)一部に打消し線を引き,下線部分を追記しました。--かげろん (トーク) 2014年9月11日 (木) 13:16 (UTC)
  • (コメント)依頼者の方へ。「この編集」とはUTCで 2014-09-10T14:14:28 に行われた編集ですか? できましたら今後は、版指定削除または特定版削除ご提案の際「この版」や「この編集」ではなく日時を明示いただくほうが、より確実に(ミスを起こしにくく)対処および確認できるでしょう。宜しくお願いいたします。 --Kanjy (トーク) 2014年9月11日 (木) 11:23 (UTC)

進化の過程ノート / 履歴 / ログ[編集]

2013年[編集]

コンメンタール公証人定員規則 - トーク:コンメンタール公証人定員規則[編集]

2012年[編集]

哲学系人物記事6項目[編集]

対象記事:ゴータマ・シッダッタノート / 履歴 / ログ朱子ノート / 履歴 / ログ荀子ノート / 履歴 / ログ孟子ノート / 履歴 / ログ孔子ノート / 履歴 / ログソクラテスノート / 履歴 / ログ

依頼理由:教科書・参考書の一項目として体系化された記述とは思えません。6人の思想などは重要ではありますが、現状は伝記的であり、Wikipediaで十分と考えられます。特に、中国の4人に関しては思想史とかで1つの項目として扱うべきではないかと思います。

  • (全削除)依頼者票。--かげろんトーク) 2012年8月15日 (水) 12:07 (UTC)
    • (報告)対象記事の方に削除依頼テンプレートを貼付することを忘れていましたので,貼付しておきました(1年強も貼付作業を忘れてたとは……)。--かげろん (トーク) 2013年12月4日 (水) 14:23 (UTC)
  • (コメント)かげろんさんがおっしゃるように現状としては削除も仕方ないかなと思います(私もヒマがあれば多少は書き足せますが……)。ただ、復帰を前提としてもよいのではないでしょうか。それと、孔子はやはり独立した記事とした方がよいと思います。後世の影響力などからしても孔子を独立した記事としないのはいただけないと思います。最近は私もあまり書いていませんので、参考になれば幸いです。--梯倫トーク) 2012年8月15日 (水) 12:32 (UTC)
    • (コメント)正直なところ、削除依頼を出そうか出さないかでかなり迷いました。単独記事でいけるのであれば、存続にしていただいて問題ないのですが、単独記事だとWikipediaとの差異が出し辛い気もするんですよね(Wikipediaとの差異が出せなければ、それこそWikipediaでやればいいという形になり、結果として削除になりますし)。どちらかというと「儒教・儒学の思想史」とか漢文の教科書の中で随時紹介していく方が自然かなと思ったんですね。もちろん、Wikipediaと差異を出しつつどのように単独項目として構成していくかのビジョンが示すことができる方がおられるなら、それがベストです(復帰や再作成を妨げようという依頼ではありませんのでご安心を)。--かげろんトーク) 2012年8月15日 (水) 14:08 (UTC)
  • (存続)あっても困らないとは思いますし、少しでも手軽に手を出しやすい状態にしておいた方がいいのではないでしょうか。なお、ウィキペディアへのソフトリダイレクトにしてしまう、という手もありそうですね(推奨はしませんが)。--倫敦橋 (Londonbashi)トーク) 2013年1月17日 (木) 16:09 (UTC)
  • (コメント)依頼時から1年以上経過しており、私の存続意見を引くとしても依頼者票しかついていない状態です。一度終了させてもいいのではないでしょうか。なお、理想論から言うと「Wikipediaとの差異」は削除によってではなく加筆によってなされるべきだと思います。「~ビジョンが示す」というのは一利用者の一意見に止まるもので、削除の方針とは無関係でしょう。--倫敦橋 (Londonbashi) (トーク) 2013年11月30日 (土) 14:15 (UTC)
    • (コメント)理想論の点については,私も同意します。ただし,本案件の記事群は,どのような目的の教科書類かが読んでみてもはっきりしないので,「体系的な記述ではない」と考えていますし,まして,伝記的な記事はWikibooks:ウィキブックスは何でないか#他プロジェクト・サイトとの区別に抵触しますので,なおさら削除対象になると思います。なお,加筆で改善されるようなら依頼を取り下げるのも前向きに検討できますが,現時点で,私から依頼を取り下げる状況ではないと考えています。--かげろん (トーク) 2013年12月4日 (水) 14:23 (UTC)