ウビフ語

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

語学 > ウビフ語

アディゲ旗

ウビフ語 ― t°axəbza

ウビフ語、t°axəbza (IPA:tʷɜχɨbzɜ)はかつてソチ付近に住んでいたウビフ人によって話されていた言語ですが、1992年に死滅しました。(ウビフ人という民族が死滅したわけではありません)
ただし、最後の話者だったテヴフィク・エセンチ氏の尽力の結果、ある程度の音声資料と文法資料が残りました。
会話をする事は非現実的ではありますがアブハズ語よりは文法、特に動詞の活用が単純なため、ここではアブハズ語の文法構造を理解するための補助教材として記載しておきます。
本WIKIで用いられている表記法については文字と音をご覧ください。

目次[編集]

Wikipedia
ウィキペディアウビフ語の記事があります。
進捗状況の凡例

00%.svg 数行の文章か目次があります。
25%.svg:本文が少しあります。
50%.svg:本文が半分ほどあります。
75%.svg: 間もなく完成します。
100 percent.svg: 一応完成しています。
このページ「ウビフ語」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。