ガリア戦記 第1巻/注解/29節

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
C・IVLII・CAESARIS・COMMENTARIORVM・BELLI・GALLICI
LIBER・PRIMVS


  ガリア戦記 注解編     第1巻  

 28節 | 29節 | 30節  

原文テキスト[編集]

[1] 29.   1In castris Helvetiorum tabulae repertae sunt litteris Graecis confectae et ad Caesarem relatae, quibus in tabulis nominatim ratio confecta erat, qui numerus domo exisset eorum qui arma ferre possent, et item separatim pueri senes mulieresque.    2quarum omnium rerum summa erat capitum Helvetiorum milia ducenta sexaginta tria, Tulingorum milia XXXVI, Latovicorum XIIII, Rauracorum XXIII, Boiorum XXXII;    ex his qui arma ferre possent ad milia nonaginta duo.    3summa omnium fuerunt ad milia trecenta sexaginta octo.    eorum qui domum redierunt, censu habito ut Caesar imperaverat, repertus est numerus milium centum et decem.


テキスト引用についての注記
  • pueri : 以下の挿入提案がある。
    • <qui> pueri : Wopkens による。
    • <quot> pueri : Müller (Mueller) による。
    • <erant numerati> pueri : Meusel による。
  • quarum omnium rerum : Prammer はこの部分を削除(del.)する。
    • quarum omnium rationum : Paul による修正。
    • quorum omnium numerorum : Walther による修正。
  • milia (複数・主格) (2か所) : Meuselmilium (複数・属格) に修正している。
  • Latovicorum : φ系写本の記述[2]。あるいは Klotz による修正。
    • Latobicorum : Constans による修正で、Hering はこれを支持する。
    • Latobrigorum : χ系・β系写本の記述[3]、または主要写本ω の記述[4]で、Seel はこれを支持する。
    • ※この部族名は、5節28節 にも出て来るが、同様の異読がある。諸説があり、Latobrigi がガリアの部族で、Latobici(ギリシア語名 Λατόβικοι)はパンノニア方面のケルト系部族名だという見方もある。
  • 数詞・数字の表記
    • ducenta sexaginta tria : Constans, HeringCCLXIII と数字で表記している。
    • XIIII : ConstansXIV と表記している。
    • nonaginta duo : HeringXCII と数字で表記している。
    • trecenta sexaginta octo : Constans, HeringCCCLXVIII と数字で表記している。
    • centum et decem : Constans, HeringC et X と表記している。

整形テキスト[編集]

[5] XXIX.   In castrīs Helvētiōrum tabulae repertae sunt litterīs Graecīs cōnfectae et ad Caesarem relātae, quibus in tabulīs nōminātim ratiō cōnfecta erat, quī numerus domō exīsset eōrum, quī arma ferre possent, et item sēparātim puerī, senēs mulierēsque.    Quārum omnium rērum summa erat capitum Helvētiōrum mīlia ducenta sexāgintā tria (CCLXIII), Tulingōrum mīlia sex et trīgintā (XXXVI), Latobrigōrum quattuordecim (XIIII), Rauracōrum tria et vīgintī (XXIII), Bōiōrum duo et trīgintā (XXXII)  ;    ex hīs, quī arma ferre possent, ad mīlia nōnāgintā duo (XCII).    Summa omnium fuērunt ad mīlia trecenta sexāgintā octō (CCCLXVIII).     Eōrum, quī domum rediērunt, cēnsū habitō, ut Caesar imperāverat, repertus est numerus mīlium centum et decem (C et X).

注解[編集]

1項[編集]

語釈




脚注[編集]

  1. ^ 原文テキストについてはガリア戦記/注解編#原文テキストを参照。
  2. ^ Seelによる。
  3. ^ Klotzによる。
  4. ^ Seel, Constansによる
  5. ^ 整形テキストについてはガリア戦記/注解編#凡例を参照。

解説[編集]

関連項目[編集]

関連記事[編集]

外部リンク[編集]