コンメンタール消費者契約法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア消費者契約法の記事があります。

法学民事法コンメンタール消費者契約法

消費者契約法(最終改正:平成二〇年五月二日法律第二九号)の逐条解説書。

第1章 総則 (第1条~第3条)[編集]

第2章 消費者契約[編集]

第1節 消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示の取消し (第4条~第7条)[編集]

  • 第4条(消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示の取消し)
  • 第5条(媒介の委託を受けた第三者及び代理人)
  • 第6条(解釈規定)
  • 第7条(取消権の行使期間等)

第2節 消費者契約の条項の無効 (第8条~第10条)[編集]

  • 第8条(事業者の損害賠償の責任を免除する条項の無効)
  • 第9条(消費者が支払う損害賠償の額を予定する条項等の無効)
  • 第10条(消費者の利益を一方的に害する条項の無効)

第3節 補則 (第11条)[編集]

第3章 差止請求[編集]

第1節 差止請求権 (第12条)[編集]

第2節 適格消費者団体[編集]

第1款 適格消費者団体の認定等 (第13条~第22条)[編集]

第2款 差止請求関係業務等 (第23条~第29条)[編集]

  • 第23条(差止請求権の行使等)
  • 第24条(消費者の被害に関する情報の取扱い)
  • 第25条(秘密保持義務)
  • 第26条(氏名等の明示)
  • 第27条(判決等に関する情報の提供)
  • 第28条(財産上の利益の受領の禁止等)
  • 第29条(業務の範囲及び区分経理)

第3款 監督 (第30条~第35条)[編集]

  • 第30条(帳簿書類の作成及び保存)
  • 第31条(財務諸表等の作成、備置き、閲覧等及び提出等)
  • 第32条(報告及び立入検査)
  • 第33条(適合命令及び改善命令)
  • 第34条(認定の取消し等)
  • 第35条(差止請求権の承継に係る指定等)

第4款 補則 (第36条~第40条)[編集]

第3節 訴訟手続等の特例 (第41条~第47条)[編集]

第4章 雑則 (第48条)[編集]

第5章 罰則 (第49条~第53条)[編集]

外部リンク[編集]


このページ「コンメンタール消費者契約法」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。