ソフトウェア開発技術者

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ソフトウェア開発技術者の試験対策ページです(ソフトウエア開発技術者は2009年度の春季試験より応用情報技術者に改称しています)。

  1. コンピュータ科学基礎
  2. コンピュータシステム
  3. システムの開発と運用
  4. ネットワーク技術
  5. データベース技術
  6. セキュリティと標準化

試験概要[編集]

ソフトウェア開発技術者試験は午前午後I午後IIの3つの試験からなります。 各試験とも項目応答理論に基づいて採点され、200点から800点までの間の点数がつけられます。 午前試験が600点に満たない場合は、午後I、午後IIの試験が採点されず、 午後Iの試験が600点に満たない場合は、午後IIの試験は採点されません。

全ての試験で600点以上を取ることで、晴れてソフトウェア開発技術者の資格を得ることができます。


このページ「ソフトウェア開発技術者」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。