トーク:初等数学公式集

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カテゴリ作成の際、「図形」と「面積」は別々にしました。

「図形」では、面積・体積以外の公式をお願いします。

直線の式、2点間の距離など。

面積等を図形分野に入れたほうがいいというのであれば、ノートのほうに意見をお願いします。 --Ninomy 2004年9月5日 (日) 14:40 (UTC)

いろいろと議論が出てますが、まずは公式を全て埋めて初版を完成させてからにしましょう。 どこにいれて良いか分からないようなものについてはここで議論を。--Ninomy 2004年9月10日 (金) 11:35 (UTC)

公式の証明[編集]

公式の証明で、高校レベルで理解できる初等的なものがあるならばそれを付したほうがいいのではないでしょうか。しかし、公式集の参照性を考えれば証明は別ページに書いたほうがいいように思われます。--じゅん 2004年9月9日 (木) 14:12 (UTC)

公式集はあくまで公式を載せることのみに専念すれば良いのではないでしょうか。証明は本記事のいずれか該当する単元で、公式をとりあげたときに適宜行えばよいのではないかと思います。--218.42.227.79 2004年9月9日 (木) 15:32 (UTC)
私も、218.42.227.79氏に同感です。ここはあくまで公式集です。証明は別ページでもいいと思います。その別ページというのも、一つのページにまとめると結構かさばりそうなので、カテゴリごとに作ったほうがよいかと。単元で取り上げた際に行うのもいいとは思いますが、長い証明の場合はそれがメインととられてしまう恐れがありますし、別ページで行った方がよいと思います。このようにするのであれば、後日ページを作成しておきます。。。--Ninomy 2004年9月10日 (金) 08:01 (UTC)
公式集自体は索引のように使うのが良いのではないかと思いますので、それぞれの単元で取り上げることは必要かと思います。証明用ページもカテゴリごとというよりは公式ごとのほうが小回りが利くかもしれません。かさばるものは単独ページでとか、数行もいらないものは記事中に書くとか、適宜使い分けるのがよさそうです。もうすこし教科書記事の充実を計ってから改めて議論しては如何でしょうか。--Lots 2004年9月10日 (金) 10:24 (UTC)

記事名について[編集]

物理公式・化学公式などもあるので、タイトルを数学公式集にしたほうが良いかと思います。

いや、これは数学カテゴリにあるのでその必要は無いと思われます。 一般に「公式」といったら、数学公式でしょうし。--Ninomy

今のこの記事が数学にカテゴライズされているからといって、「公式集」というページ名を数学で占有して良いということにはならないとは思いますが、今のところは現状維持でも良いかと思います。他の分野の方が必要になったら、そのときにこちらで表明されれば良いかと思います。ページ移動をかけるくらいは(ページ名が重複しない限りは)すぐにできますから、今結論を出す必要もないのではないかと思います。--Lots 2004年9月10日 (金) 10:24 (UTC)
「公式集」から「初等数学公式集」に移動しました。--Lots 2004年9月12日 (日) 15:26 (UTC)

定義が混じってますけど…[編集]

ベクトルの(和・差・スカラー倍・大きさ・内積)あたりとか、公式ではなく定義が載っていますけど、それで良いんですか?--Lots 2004年9月15日 (水) 16:16 (UTC)

うっかりしてました。すいません。--218.110.247.94 2004年9月16日 (木) 05:32 (UTC)

218.110.247.94は私です。--じゅん 2004年9月16日 (木) 05:35 (UTC)

定義はなしの方向でいいとおもいます。定義についてはその単元の教科書ページでやればいいことですし。資料としての役割を持たせる上でも、定義は削ったほうがよろしいかと。ただ、「・・・のとき、」というようなものはいいですよ。たぶん。--Ninomy 2004年9月16日 (木) 09:08 (UTC)

ピリオド?[編集]

数式の最後にピリオドが打ってあったり、「。」が打ってあったり、なにもなかったりしてますが、これはなにを表しているのでしょうか。--じゅん 2004年9月16日 (木) 05:42 (UTC)

これは数式スタイルの話ですので、一度ちゃんと確認をしておく必要のあることです。ちょっと未だ徹底できていないので、ごちゃ混ぜですが。
  1. いま、この公式集は式が箇条書きで書き並べられていますが、箇条書きでも文章が終わっている限りはそれぞれの文章の最後には句読点が必要です。数式まで含めて文章ですから、きちんと句読点を打たねばなりません。
  2. あとは、句点/読点 と ピリオド/コンマ の話ですが普通は統一されているのがよいはずです。
    • 日本語版ウィキペディアなどではピリオド・コンマではなく句読点を使うスタイルになっている一方、括弧やコロンは和文用と欧文用を状況によって使い分けるようになっています(w:Wikipdia:日本語環境を参照)。
    • さらに見ると、慣用的に欧文文字のみの部分ではピリオドとコンマが用いられています。
    • TeX では和文文字は使えません。
こういうことを踏まえると、たとえば大きな数式(特に別行立てのもの)で文章が終わるような場合に判断に困ります。式のみで一文であればピリオドが似つかわしいのですが、和文がまじっているとどちらがよいのか正直わかりません。
専門書を参考にしようにも、まともな理系の文書であれば句読点は一切使われず、ピリオド・コンマで統一されていますから、これは参考になりません。
完全に句読点に統一しようとするのでもよいのかもしれませんが、いろいろと面倒がありますし、場所によっては欧文文字とのバランスがおかしいと感じる部分が生じます。--Lots 2004年9月16日 (木) 09:37 (UTC)

より簡単な数学の公式について[編集]

ここに挙げてある公式は高等学校の範囲の公式が多いですが、 中学校以下の公式をふやした方が良いと思います。 特に、初等幾何の公式が不足していると思うのですが、追加しても良いのですか。--Philosacurus 2006年9月9日 (土) 23:55 (UTC)

構いません。ぜひ追加してください。--Ninomy-chat 2006年9月10日 (日) 08:56 (UTC)

私は複素数を含む展開公式を書き込みましたが、よろしいでしょうか?消す場合は必ずノートページに書き込みをしてください。--58.41.221.31 2009年3月22日 (日) 23:24 (UTC)sho.katayama.

私は自らが書き込んだ複素数を含む展開公式を消しました。--58.41.221.31 2009年3月24日 (火) 02:25 (UTC)sho.katayama