不動産登記令第18条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール不動産登記法コンメンタール不動産登記令コンメンタール不動産登記規則コンメンタール不動産登記事務取扱手続準則

条文[編集]

(代理人の権限を証する情報を記載した書面への記名押印等)

第18条  
  1. 委任による代理人によって登記を申請する場合には、申請人又はその代表者は、法務省令で定める場合を除き、当該代理人の権限を証する情報を記載した書面に記名押印しなければならない。復代理人によって申請する場合における代理人についても、同様とする。
  2. 前項の場合において、代理人(復代理人を含む。)の権限を証する情報を記載した書面には、法務省令で定める場合を除き、同項の規定により記名押印した者(委任による代理人を除く。)の印鑑に関する証明書を添付しなければならない。
  3. 前項の印鑑に関する証明書は、作成後三月以内のものでなければならない。
  4. 第2項の規定は、官庁又は公署が登記の嘱託をする場合には、適用しない。

解説[編集]

1項、2項の法務省令は、不動産登記規則第49条である。

参照条文[編集]


前条:
不動産登記令第17条
(代表者の資格を証する情報を記載した書面の期間制限等)
不動産登記令
第4章 書面を提出する方法による登記申請の手続
次条:
不動産登記令第19条
(承諾を証する情報を記載した書面への記名押印等)


このページ「不動産登記令第18条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。