企業担保法第9条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタールコンメンタール企業担保法

条文[編集]

(民法の準用)

第9条  
民法(明治二十九年法律第八十九号)第296条第374条第375条第376条中順位の譲渡及び放棄に関する部分、第377条及び第396条の規定は、企業担保権について準用する。

解説[編集]

  • 第296条(留置権の不可分性)
  • 第374条(抵当権の順位の変更)
  • 第375条(抵当権の被担保債権の範囲)
  • 第376条(抵当権の処分)
  • 第377条(抵当権の処分の対抗要件)
  • 第396条(抵当権の消滅時効)

参照条文[編集]


このページ「企業担保法第9条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。