会社法第170条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第2編第2章 株式 (コンメンタール会社法)会社法第170条

(効力の発生等)

第170条

  1. w:株式会社は、第107条第2項第三号イの事由が生じた日(同号ハに掲げる事項についての定めがある場合にあっては、第一号に掲げる日又は第二号に掲げる日のいずれか遅い日。次項及び第五項において同じ。)に、取得条項付株式(同条第二項第三号ハに掲げる事項についての定めがある場合にあっては、前条第1項の規定により決定したもの。次項において同じ。)を取得する。
    一 第107条第2項第三号イの事由が生じた日
    二 前条第3項の規定による通知の日又は同条第四項の公告の日から二週間を経過した日
  2. 次の各号に掲げる場合には、取得条項付株式の株主(当該株式会社を除く。)は、第107条第2項第三号イの事由が生じた日に、同号(種類株式発行会社にあっては、第108条第2項第六号)に定める事項についての定めに従い、当該各号に定める者となる。
    一 第107条第2項第三号ニに掲げる事項についての定めがある場合 同号ニのw:社債の社債権者
    二 第107条第2項第三号ホに掲げる事項についての定めがある場合 同号ホの新株予約権の新株予約権者
    三 第107条第2項第三号ヘに掲げる事項についての定めがある場合 同号ヘの新株予約権付社債についての社債の社債権者及び当該新株予約権付社債に付された新株予約権の新株予約権者
    第108条第2項第六号ロに掲げる事項についての定めがある場合 同号ロの他の株式の株主
  3. 株式会社は、第107条第2項第三号イの事由が生じた後、遅滞なく、取得条項付株式の株主及びその登録株式質権者(同号ハに掲げる事項についての定めがある場合にあっては、前条第1項の規定により決定した取得条項付株式の株主及びその登録株式質権者)に対し、当該事由が生じた旨を通知しなければならない。ただし、第168条第2項の規定による通知又は同条第三項の公告をしたときは、この限りでない。
  4. 前項本文の規定による通知は、公告をもってこれに代えることができる。
  5. 前各項の規定は、取得条項付株式を取得するのと引換えに第107条第2項第三号ニからトまでに規定する財産を交付する場合において、これらの財産の帳簿価額が同号イの事由が生じた日における第461条第2項の分配可能額を超えているときは、適用しない。

解説[編集]

関連条文[編集]

このページ「会社法第170条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。