会社法第210条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第2編第2章 株式 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

(募集株式の発行等をやめることの請求)

第210条
次に掲げる場合において、w:株主が不利益を受けるおそれがあるときは、株主は、w:株式会社に対し、第199条第1項の募集に係る株式の発行又は自己株式の処分をやめることを請求することができる。
一 当該株式の発行又は自己株式の処分が法令又は定款に違反する場合
二 当該株式の発行又は自己株式の処分が著しく不公正な方法により行われる場合

解説[編集]

  • 会社法第199条(募集事項の決定)

関連条文[編集]

判例[編集]

  • 新株発行無効確認請求(最高裁判例 昭和40年10月08日)商法280条ノ2第2項,商法280条ノ15
  • 新株発行差止(最高裁判例平成5年12月16日)商法280条ノ10,商法280条ノ15,民訴法235条
    新株発行差止めの仮処分命令に違反して新株発行がされたことは、新株発行無効の訴えの無効原因となる。

前条:
会社法第209条
(株主となる時期)
会社法
第2編 株式会社
第2章 株式
第8節 募集株式の発行等
次条:
会社法第211条
(引受けの無効又は取消しの制限)


このページ「会社法第210条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。