コンテンツにスキップ

会社法第229条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

法学民事法商法コンメンタール会社法第2編第2章 株式 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

(異議催告手続との関係)

第229条
  1. 株券喪失登録者が第220条第1項の請求をした場合には、株券発行会社は、同項の期間の末日が株券喪失登録日の翌日から起算して1年を経過する日前に到来するときに限り、同項の規定による公告をすることができる。
  2. 株券発行会社が第220条第1項の規定による公告をするときは、当該株券発行会社は、当該公告をした日に、当該公告に係る株券についての株券喪失登録を抹消しなければならない。

解説[編集]

関連条文[編集]


前条:
会社法第228条
(株券の無効)
会社法
第2編 株式会社

第2章 株式

第9節 株券
次条:
会社法第230条
(株券喪失登録の効力)


このページ「会社法第229条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。