会社法第293条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法会社法コンメンタール会社法第2編 株式会社第3章 新株予約権

条文[編集]

(新株予約権証券の提出に関する公告等)

第293条
  1. 株式会社が次の各号に掲げる行為をする場合において、当該各号に定める新株予約権に係る新株予約権証券(当該新株予約権が新株予約権付社債に付されたものである場合にあっては、当該新株予約権付社債に係る新株予約権付社債券。以下この款において同じ。)を発行しているときは、当該株式会社は、当該行為の効力が生ずる日までに当該株式会社に対し当該新株予約権証券を提出しなければならない旨を当該日の一箇月前までに、公告し、かつ、当該新株予約権の新株予約権者及びその登録新株予約権質権者には、各別にこれを通知しなければならない。
    一 取得条項付新株予約権の取得 当該取得条項付新株予約権
    二 組織変更 全部の新株予約権
    三 合併(合併により当該株式会社が消滅する場合に限る。) 全部の新株予約権
    四 吸収分割 第758条第五号イに規定する吸収分割契約新株予約権
    五 新設分割 第763条第十号イに規定する新設分割計画新株予約権
    六 株式交換 第768条第一項第四号イに規定する株式交換契約新株予約権
    七 株式移転 第773条第一項第九号イに規定する株式移転計画新株予約権
  2. 株式会社は、前項各号に掲げる行為の効力が生ずる日までに当該株式会社に対して新株予約権証券を提出しない者があるときは、当該新株予約権証券の提出があるまでの間、当該行為によって当該新株予約権証券に係る新株予約権の新株予約権者が交付を受けることができる金銭等の交付を拒むことができる。
  3. 第一項各号に定める新株予約権に係る新株予約権証券は、同項各号に掲げる行為の効力が生ずる日に無効となる。
  4. 第220条の規定は、第1項各号に掲げる行為をした場合において、新株予約権証券を提出することができない者があるときについて準用する。

解説[編集]

関連条文[編集]

参照条文[編集]

  • 商業登記法第59条(取得条項付株式等の取得と引換えにする株式の交付による変更の登記)

前条:
会社法第292条
(新株予約権付社債券)
会社法
第2編 株式会社
第3章 新株予約権
第8節 新株予約権に係る証券
第3款 新株予約権証券等の提出
次条:
会社法第294条
(無記名式の新株予約権証券等が提出されない場合)
このページ「会社法第293条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。