会社法第357条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第2編 株式会社第4章 機関

条文[編集]

w:取締役の報告義務)

第357条
  1. 取締役は、株式会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実があることを発見したときは、直ちに、当該事実を株主(w:監査役設置会社にあっては、監査役)に報告しなければならない。
  2. w:監査役会設置会社における前項の規定の適用については、同項中「株主(監査役設置会社にあっては、監査役)」とあるのは、「監査役会」とする。

解説[編集]

関連条文[編集]

参照条文[編集]


前条:
会社法第356条
(競業及び利益相反取引の制限)
会社法
第2編 株式会社
第4章 機関
第4節 取締役
次条:
会社法第358条
(業務の執行に関する検査役の選任)
このページ「会社法第357条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。