会社法第448条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第2編第5章 計算等 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

w:準備金の額の減少)

第448条
  1. w:株式会社は、準備金の額を減少することができる。この場合においては、株主総会の決議によって、次に掲げる事項を定めなければならない。
    一 減少する準備金の額
    二 減少する準備金の額の全部又は一部を資本金とするときは、その旨及び資本金とする額
    三 準備金の額の減少がその効力を生ずる日
  2. 前項第一号の額は、同項第三号の日における準備金の額を超えてはならない。
  3. 株式会社が株式の発行と同時に準備金の額を減少する場合において、当該準備金の額の減少の効力が生ずる日後の準備金の額が当該日前の準備金の額を下回らないときにおける第1項の規定の適用については、同項中「w:株主総会の決議」とあるのは、「取締役の決定(取締役会設置会社にあっては、取締役会の決議)」とする。

解説[編集]

  • 1項
準備金は、資本準備金に限られる(会社計算規則第25条)。
株主総会決議は、普通決議である。

関連条文[編集]

参照条文[編集]


前条:
会社法第447条
(資本金の額の減少)
会社法
第2編 株式会社
第5章 計算等
第3節 資本金の額等
次条:
会社法第449条
(債権者の異議)
このページ「会社法第448条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。