会社法第457条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第2編 株式会社 (コンメンタール会社法)第2編第5章 計算等 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

(配当財産の交付の方法等)

第457条
  1. 配当財産(第455条第2項の規定により支払う金銭及び前条の規定により支払う金銭を含む。以下この条において同じ。)は、株主名簿に記載し、又は記録した株主(登録株式質権者を含む。以下この条において同じ。)の住所又は株主が株式会社に通知した場所(第三項において「住所等」という。)において、これを交付しなければならない。
  2. 前項の規定による配当財産の交付に要する費用は、株式会社の負担とする。ただし、株主の責めに帰すべき事由によってその費用が増加したときは、その増加額は、株主の負担とする。
  3. 前二項の規定は、日本に住所等を有しない株主に対する配当財産の交付については、適用しない。

解説[編集]

関連条文[編集]


前条:
会社法第456条
(基準株式数を定めた場合の処理)
会社法
第2編 株式会社
第5章 計算等
第4節 剰余金の配当
次条:
会社法第458条
(適用除外)
このページ「会社法第457条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。