会社法第698条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第4編 社債 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

(記名式と無記名式との間の転換)

第698条
社債券が発行されている社債の社債権者は、第676条第七号に掲げる事項についての定めによりすることができないこととされている場合を除き、いつでも、その記名式の社債券を無記名式とし、又はその無記名式の社債券を記名式とすることを請求することができる。

解説[編集]

関連条文[編集]


前条:
会社法第697条
(社債券の記載事項)
会社法
第4編 社債
第1章 総則
次条:
会社法第699条
(社債券の喪失)
このページ「会社法第698条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。