第4編 社債 (コンメンタール会社法)

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法会社法コンメンタール会社法第4編 社債 (コンメンタール会社法)

第一章 総則(第676条~第701条)[編集]

  • 第676条(募集社債に関する事項の決定)
  • 第677条(募集社債の申込み)
  • 第678条(募集社債の割当て)
  • 第679条(募集社債の申込み及び割当てに関する特則)
  • 第680条(募集社債の社債権者)
  • 第681条(社債原簿)
  • 第682条(社債原簿記載事項を記載した書面の交付等)
  • 第683条(社債原簿管理人)
  • 第684条(社債原簿の備置き及び閲覧等)
  • 第685条(社債権者に対する通知等)
  • 第686条(共有者による権利の行使)
  • 第687条(社債券を発行する場合の社債の譲渡)
  • 第688条(社債の譲渡の対抗要件)
  • 第689条(権利の推定等)
  • 第690条(社債権者の請求によらない社債原簿記載事項の記載又は記録)
  • 第691条(社債権者の請求による社債原簿記載事項の記載又は記録)
  • 第692条(社債券を発行する場合の社債の質入れ)
  • 第693条(社債の質入れの対抗要件)
  • 第694条w:質権に関する社債原簿の記載等)
  • 第695条(質権に関する社債原簿の記載事項を記載した書面の交付等)
  • 第695条の2(信託財産に属する社債についての対抗要件等)
  • 第696条(社債券の発行)
  • 第697条(社債券の記載事項)
  • 第698条(記名式と無記名式との間の転換)
  • 第699条(社債券の喪失)
  • 第700条(利札が欠けている場合における社債の償還)
  • 第701条(社債の償還請求権等の消滅時効)

第二章 社債管理者(第702条~第714条)[編集]

第三章 社債権者集会(第715条~第742条)[編集]

  • 第715条(社債権者集会の構成)
  • 第716条(社債権者集会の権限)
  • 第717条(社債権者集会の招集)
  • 第718条(社債権者による招集の請求)
  • 第719条(社債権者集会の招集の決定)
  • 第720条(社債権者集会の招集の通知)
  • 第721条(社債権者集会参考書類及び議決権行使書面の交付等)
  • 第722条
  • 第723条(議決権の額等)
  • 第724条(社債権者集会の決議)
  • 第725条(議決権の代理行使)
  • 第726条(書面による議決権の行使)
  • 第727条(電磁的方法による議決権の行使)
  • 第728条(議決権の不統一行使)
  • 第729条(社債発行会社の代表者の出席等)
  • 第730条(延期又は続行の決議)
  • 第731条(議事録)
  • 第732条(社債権者集会の決議の認可の申立て)
  • 第733条(社債権者集会の決議の不認可)
  • 第734条(社債権者集会の決議の効力)
  • 第735条(社債権者集会の決議の認可又は不認可の決定の公告)
  • 第736条(代表社債権者の選任等)
  • 第737条(社債権者集会の決議の執行)
  • 第738条(代表社債権者等の解任等)
  • 第739条(社債の利息の支払等を怠ったことによる期限の利益の喪失)
  • 第740条(債権者の異議手続の特則)
  • 第741条(社債管理者等の報酬等)
  • 第742条(社債権者集会等の費用の負担)

関連項目[編集]

このページ「第4編 社債 (コンメンタール会社法)」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。