コンテンツにスキップ

会社法第737条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

法学民事法商法コンメンタール会社法第4編 社債 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

(社債権者集会の決議の執行)

第737条
  1. 社債権者集会の決議は、次の各号に掲げる場合の区分に応じ、当該各号に定める者が執行する。ただし、社債権者集会の決議によって別に社債権者集会の決議を執行する者を定めたときは、この限りでない。
    一 社債管理者がある場合 社債管理者
    二 社債管理補助者がある場合において、社債管理補助者の権限に属する行為に関する事項を可決する旨の社債権者集会の決議があったとき 社債管理補助者
    三 前二号に掲げる場合以外の場合 代表社債権者
  2. 第705条第1項から第3項まで、第708条及び第709条の規定は、代表社債権者又は前項ただし書の規定により定められた社債権者集会の決議を執行する者(以下この章において「決議執行者」という。)が社債権者集会の決議を執行する場合について準用する。

解説[編集]

関連条文[編集]


前条:
会社法第736条
(代表社債権者の選任等)
会社法
第4編 社債
第3章 社債権者集会
次条:
会社法第738条
(代表社債権者等の解任等)
このページ「会社法第737条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。