会社法第741条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法会社法コンメンタール会社法第4編 社債

条文[編集]

(社債管理者等の報酬等)

第741条
  1. 社債管理者、代表社債権者又は決議執行者に対して与えるべき報酬、その事務処理のために要する費用及びその支出の日以後における利息並びにその事務処理のために自己の過失なくして受けた損害の賠償額は、社債発行会社との契約に定めがある場合を除き、裁判所の許可を得て、社債発行会社の負担とすることができる。
  2. 前項の許可の申立ては、社債管理者、代表社債権者又は決議執行者がする。
  3. 社債管理者、代表社債権者又は決議執行者は、第一項の報酬、費用及び利息並びに損害の賠償額に関し、第705条第一項(第737条第2項において準用する場合を含む。)の弁済を受けた額について、社債権者に先立って弁済を受ける権利を有する。

解説[編集]

関連条文[編集]

判例[編集]


前条:
会社法第740条
(債権者の異議手続の特則)
会社法
第4編 社債
第3章 社債権者集会
次条:
会社法第742条
(社債権者集会等の費用の負担)
このページ「会社法第741条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。