会社法第939条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法会社法コンメンタール会社法第7編 雑則

条文[編集]

(会社のw:公告方法)

第939条
  1. 会社は、公告方法として、次に掲げる方法のいずれかを定款で定めることができる。
    一 官報に掲載する方法
    二 時事に関する事項を掲載する日刊新聞紙に掲載する方法
    三 電子公告
  2. 外国会社は、公告方法として、前項各号に掲げる方法のいずれかを定めることができる。
  3. 会社又は外国会社が第1項第三号に掲げる方法を公告方法とする旨を定める場合には、電子公告を公告方法とする旨を定めれば足りる。この場合においては、事故その他やむを得ない事由によって電子公告による公告をすることができない場合の公告方法として、同項第一号又は第二号に掲げる方法のいずれかを定めることができる。
  4. 第1項又は第2項の規定による定めがない会社又は外国会社の公告方法は、第1項第一号の方法とする。

解説[編集]

関連条文[編集]

参照条文[編集]


前条:
会社法第938条
(特別清算に関する裁判による登記の嘱託)
会社法
第7編 雑則
第5章 公告
第1節 総則
次条:
会社法第940条
(電子公告の公告期間等)
このページ「会社法第939条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。