コンテンツにスキップ

会社法第974条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

法学民事法商法コンメンタール会社法第8編 罰則 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

(虚偽届出等の罪)

第974条
次のいずれかに該当する者は、30万円以下の罰金に処する。
  1. 第950条の規定による届出をせず、又は虚偽の届出をした者
  2. 第955条第1項の規定に違反して、調査記録簿等(同項に規定する調査記録簿等をいう。以下この号において同じ。)に同項に規定する電子公告調査に関し法務省令で定めるものを記載せず、若しくは記録せず、若しくは虚偽の記載若しくは記録をし、又は同項若しくは第956条第2項の規定に違反して調査記録簿等を保存しなかった者
  3. 第958条第1項の規定による報告をせず、若しくは虚偽の報告をし、又は同項の規定による検査を拒み、妨げ、若しくは忌避した者

解説[編集]

関連条文[編集]


前条:
会社法第973条
(業務停止命令違反の罪)
会社法
第8編 罰則
次条:
会社法第975条
(両罰規定)
このページ「会社法第974条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。