児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンメンタールコンメンタール刑事コンメンタール児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律

児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律(最終改正:平成一六年六月一八日法律第一〇六号)の逐条解説書。

Wikipedia
ウィキペディア児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の記事があります。
第1条(目的)
第2条(定義)
第3条(適用上の注意)
第4条(児童買春)
第5条(児童買春周旋)
第6条(児童買春勧誘)
第7条(児童ポルノ提供等)
第8条(児童買春等目的人身売買等)
第9条(児童の年齢の知情)
第10条(国民の国外犯)
第11条(両罰規定)
第12条(捜査及び公判における配慮等)
第13条(記事等の掲載等の禁止)
第14条(教育、啓発及び調査研究)
第15条(心身に有害な影響を受けた児童の保護)
第16条(心身に有害な影響を受けた児童の保護のための体制の整備)
第17条(国際協力の推進)
このページ「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。