刑事訴訟法第112条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタールコンメンタール刑事訴訟法=コンメンタール刑事訴訟法/改訂

条文[編集]

(執行中の出入り禁止)

第112条
  1. 差押状又は捜索状の執行中は、何人に対しても、許可を得ないでその場所に出入することを禁止することができる。
  2. 前項の禁止に従わない者は、これを退去させ、又は執行が終るまでこれに看守者を附することができる。

解説[編集]

捜索差押えは、証拠の収集によって公正な刑事裁判を実現することを目的とし、①出入りを許可すると証拠散逸のおそれがあること②出入り禁止解除後に取材が可能であることを鑑みれば、出入禁止によって報道関係者の取材の自由が制約されたとしても、公共の福祉に基づく制約にあたり、憲法第21条に反するものではない。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第111条
(執行に必要な処分)
刑事訴訟法
第1編 総則
第9章 押収及び捜索
次条:
第113条
(当事者の立会い)
このページ「刑事訴訟法第112条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。