刑事訴訟法第116条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタールコンメンタール刑事訴訟法=コンメンタール刑事訴訟法/改訂

条文[編集]

(夜間執行の禁止)

第116条
  1. 日出前、日没後には、令状に夜間でも執行することができる旨の記載がなければ、差押状又は捜索状の執行のため、人の住居又は人の看守する邸宅、建造物若しくは船舶内に入ることはできない。
  2. 日没前に差押状又は捜索状の執行に着手したときは、日没後でも、その処分を継続することができる。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第115条
(女子の身体捜索)
刑事訴訟法
第1編 総則
第9章 押収及び捜索
次条:
第117条
(夜間執行可能な場所)
このページ「刑事訴訟法第116条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。