刑事訴訟法第147条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタールコンメンタール刑事訴訟法=コンメンタール刑事訴訟法/改訂

条文[編集]

(証言拒否権2)

第147条
何人も、左に掲げる者が刑事訴追を受け、又は有罪判決を受ける虞のある証言を拒むことができる。
  1. 自己の配偶者、3親等内の血族若しくは2親等内の姻族又は自己とこれらの親族関係があった者
  2. 自己の後見人、後見監督人又は保佐人
  3. 自己を後見人、後見監督人又は保佐人とする者

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第146条
(証言拒絶権)
刑事訴訟法
第1編 総則
第11章 証人尋問
次条:
第148条
(証言拒絶権の例外)
このページ「刑事訴訟法第147条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。