刑事訴訟法第347条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタールコンメンタール刑事訴訟法=コンメンタール刑事訴訟法/改訂

条文[編集]

(押収物還付の言渡し)

第347条
  1. 押収した贓物ぞうぶつで被害者に還付すべき理由が明らかなものは、これを被害者に還付する言渡をしなければならない。
  2. 贓物の対価として得た物について、被害者から交付の請求があったときは、前項の例による。
  3. 仮に還付した物について、別段の言渡がないときは、還付の言渡があったものとする。
  4. 前3項の規定は、民事訴訟の手続に従い、利害関係人がその権利を主張することを妨げない。

 

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第346条
(没収の言渡しの無い押収物)
刑事訴訟法
第2編 第一審
第3章 公判
第5節 公判の裁判
次条:
第348条
(仮納付の裁判)
このページ「刑事訴訟法第347条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。