刑事訴訟法第500条の4

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタールコンメンタール刑事訴訟法=コンメンタール刑事訴訟法/改訂

条文[編集]

第500条の4
次の各号のいずれかに該当する場合には、第500条の2の規定による予納がされた金額は、その予納をした者の請求により返還する。
  1. 第38条の2の規定により弁護人の選任が効力を失ったとき。
  2. 訴訟手続が終了する場合において、被告人に訴訟費用の負担を命ずる裁判がなされなかったとき。
  3. 訴訟費用の負担を命ぜられた者が、訴訟費用の全部について、その裁判の執行の免除を受けたとき。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第500条の3
刑事訴訟法
第7編 裁判の執行
次条:
第501条
(裁判の解釈を求める申立)
このページ「刑事訴訟法第500条の4」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。