刑事訴訟法第72条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタールコンメンタール刑事訴訟法=コンメンタール刑事訴訟法/改訂

条文[編集]

(被告人の捜査等の嘱託)

第72条
  1. 被告人の現在地が判らないときは、裁判長は、検事長にその捜査及び勾引状又は勾留状の執行を嘱託することができる。
  2. 嘱託を受けた検事長は、その管内の検察官に捜査及び勾引状又は勾留状の執行の手続をさせなければならない。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第71条
(管轄区域外における執行)
刑事訴訟法
第1編 総則
第8章 被告人の召喚、勾引及び拘留
次条:
第73条
(勾引状・勾留状の執行手続き)
このページ「刑事訴訟法第72条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。