刑事訴訟法第9条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタールコンメンタール刑事訴訟法=コンメンタール刑事訴訟法/改訂

条文[編集]

(関連事件)

第9条
  1. 数個の事件は、左の場合に関連するものとする。
    1. 一人が数罪を犯したとき。
    2. 数人が共に同一又は別個の罪を犯したとき。
    3. 数人が通謀して各別に罪を犯したとき。
  2. 犯人蔵匿の罪、証憑湮滅(しょうひょういんめつ)の罪、偽証の罪、虚偽の鑑定通訳の罪及びw:贓物(ぞうぶつ)に関する罪とその本犯の罪とは、共に犯したものとみなす。


解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第8条
(関連事件の審判2)
刑事訴訟法
第1編 総則
第1章 裁判所の管轄
次条:
第10条
(同一事件と数個の訴訟係属1)
このページ「刑事訴訟法第9条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。