刑事訴訟法第90条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタールコンメンタール刑事訴訟法=コンメンタール刑事訴訟法/改訂

条文[編集]

(職権保釈)

第90条
裁判所は、保釈された場合に被告人が逃亡し又は罪証を隠滅するおそれの程度のほか、身体の拘束の継続により被告人が受ける健康上、経済上、社会生活上又は防御の準備上の不利益の程度その他の事情を考慮し、適当と認めるときは、職権で保釈を許すことができる。

解説[編集]

2016年5月24日に「刑事訴訟法等の一部を改正する法律」は成立し、当該記事の部分は、2016年6月23日に施行されました。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
第89条
(必要的保釈)
刑事訴訟法
第1編 総則
第8章 被告人の召喚、勾引及び拘留
次条:
第91条
(不当に長い勾留)
このページ「刑事訴訟法第90条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。