刑法第237条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

条文[編集]

(強盗予備)

第237条
強盗の罪を犯す目的で、その予備をした者は、2年以下の懲役に処する。

解説[編集]

他人の財産及び、個人の生命・身体・意思の自由を侵害する強盗罪(刑法第237条)は重く処罰されることになる。
したがって、その予備も殺人予備罪(刑法第201条)や放火予備罪(刑法第113条)とは異なり、情状による刑の免除は認められていない。

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
刑法第236条
(強盗)
刑法
第2編 罪
第36章 窃盗及び強盗の罪
次条:
刑法第238条
(事後強盗)
このページ「刑法第237条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。