刑法第238条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

条文[編集]

(事後強盗)

第238条
窃盗が、財物を得てこれを取り返されることを防ぎ、逮捕を免れ、又は罪跡を隠滅するために、暴行又は脅迫をしたときは、強盗として論ずる。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]

前条:
刑法第237条
(強盗予備)
刑法
第2編 罪
第36章 窃盗及び強盗の罪
次条:
刑法第239条
(昏酔強盗)
このページ「刑法第238条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。