労働基準法第7条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

コンメンタール労働基準法)(

条文[編集]

(公民権行使の保障)

第7条  
使用者は、労働者が労働時間中に、選挙権その他公民としての権利を行使し、又は公の職務を執行するために必要な時間を請求した場合においては、拒んではならない。但し、権利の行使又は公の職務の執行に妨げがない限り、請求された時刻を変更することができる。

解説[編集]

公民権の行使に該当するもの

・選挙権・特別法の住民投票・憲法改正の国民投票・民衆訴訟


公民権の行使に該当しないもの

・個人的な民事訴訟


公の職務に該当するもの

・裁判員・検察審査員・国会参考人・選挙立会人・民事訴訟の証人


公の職務に該当しないもの

・予備自衛官の防衛招集、国民保護等招集及び災害招集は該当しない。

・消防団・水防団等の火災、事故あるいは災害などが発生した際に消防活動は該当しない。

参照条文[編集]

  • [[]]()

判例[編集]


このページ「労働基準法第7条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。