労働基準法第119条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

コンメンタール労働基準法)(

条文[編集]

第119条  
次の各号の一に該当する者は、これを六箇月以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
  1. 第3条第4条第7条第16条第17条第18条第1項、第19条第20条第22条第4項、第32条第34条第35条第36条第1項ただし書、第37条第39条第61条第62条第64条の3から第67条まで、第72条第75条から第77条まで、第79条第80条第94条第2項、第96条又は第104条第2項の規定に違反した者
  2. 第33条第2項、第96条の2第2項又は第96条の3第1項の規定による命令に違反した者
  3. 第40条の規定に基づいて発する厚生労働省令に違反した者
  4. 第70条の規定に基づいて発する厚生労働省令(第62条又は第64条の3の規定に係る部分に限る。)に違反した者

解説[編集]

参照条文[編集]

  • [[]]()

判例[編集]


このページ「労働基準法第119条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。