コンテンツにスキップ

古典ラテン語/名詞の変化/ギリシア語由来の名詞

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

古典ラテン語

ギリシア語由来の名詞[編集]

ギリシア語に由来する名詞は、ラテン語的な格変化をしながらもギリシア語的な語尾変化を残している。

関連記事:w:en:Declension of Greek nouns in Latin

第一変化[編集]

第二変化[編集]

第三変化[編集]

第三変化 のように変化する。

関連記事:w:en:Declension of Greek nouns in Latin#Third declension


hērōs型[編集]

この型の名詞は、hērōs, -is のように、dux, ducis と同じように格変化するが、ギリシア語的な変化の語形も残す。

Crēs, Crētis[編集]

ギリシア語の Κρής (Krḗs) に由来し、「クレータ島人」を意味する。
dux, ducis と同じように格変化するが、下表の緑地部分のようなギリシア語の語形も残す。

  • ギリシア語的な変化を残す語形
    • 複数・主格:Κρῆτες ➡ Crētĕs
    • 単数・対格:Κρῆτᾰ ➡ Crētă
    • 複数・対格:Κρῆτᾰς ➡ Crētăs
Crēs, -tis (男性名詞)
単 数 複 数
主格   Crēs   Crētēs, Crētĕs
属格   Crētis   Crētum
対格   Crētem, Crētă   Crētēs, Crētăs
与格   Crētī   Crētibus
奪格   Crēte   Crētibus
用例
  • Caesar  (中略)  Crētăs sagittāriōs  (中略)  mittit;


脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

関連記事[編集]

英語版[編集]