商法第19条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール商法第1編 総則 (コンメンタール商法)

条文[編集]

(商業帳簿)

第19条
  1. 商人会計は、一般に公正妥当と認められる会計の慣行に従うものとする。
  2. 商人は、その営業のために使用する財産について、法務省令で定めるところにより、適時に、正確な商業帳簿会計帳簿及び貸借対照表をいう。以下この条において同じ。)を作成しなければならない。
  3. 商人は、帳簿閉鎖の時から十年間、その商業帳簿及びその営業に関する重要な資料を保存しなければならない。
  4. 裁判所は、申立てにより又は職権で、訴訟の当事者に対し、商業帳簿の全部又は一部の提出を命ずることができる。

解説[編集]

商業帳簿制度そのものの趣旨・沿革については、会計または商業帳簿を参照。

第1項[編集]

2005年(平成17年)改正以前においては、商法第32条第2項に相当する規定である。 この規定は1974年(昭和49年)の商法改正の際に新設された。

第2項[編集]

2005年(平成17年)改正以前においては、商法第32条第1項、第33条に相当する規定であるが、具体的な部分は法務省令に委任している点が特色である。

第3項[編集]

2005年(平成17年)改正以前においては、商法第36条に相当する規定である。 「営業に関する重要な資料」の保存義務の除斥期間の起算点

第4項[編集]

2005年(平成17年)改正以前においては、商法第35条に相当する規定である。

関連条文[編集]


前条:
商法第18条
(譲受人による債務の引受け)
商法
第1編 総則
第6章 商業使用人
次条:
商法第20条
(支配人)
このページ「商法第19条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。