商法第20条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール商法第1編 総則 (コンメンタール商法)商法第20条

条文[編集]

支配人

第20条
商人は、支配人を選任し、その営業所において、その営業を行わせることができる。

解説[編集]

支配人とは、商人に代わってその営業に関する一切の裁判上または裁判外の行為をする権限を有する商業使用人を言う。

  • 「商業使用人」とは、商人と雇用契約を締結し、商人の対外的な業務を補助する者を言う。「対外的な業務」とは、商人の名で発注・仕入れ又は販売、その他の契約を行う業務等を言う。
  • 「営業所」とは、商人の事業の全部又は一部を行う拠点を言う。商人の営業所と支配人の営業所が異なる必要はない。
  • 「裁判上の行為」とは、商人を代理して原告となり訴訟を提起したり、提起された訴訟の被告となったり、その他、訴訟参加など訴訟の当事者となることを言う。なお、訴訟代理人ではない。
  • 「裁判外の行為」とは、契約に代表される、商人の法律行為の当事者となることを言う。

端的には、商人の営業について、商人の継続的代理人と解して良い。この場合、「営業」の範囲が問題となる。

関連条文[編集]


前条:
商法第19条
(商業帳簿)
商法
第1編 総則
第6章 商業使用人
次条:
商法第21条
(支配人の代理権)


このページ「商法第20条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。