コンテンツにスキップ

商法第596条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

法学>民事法>商法>コンメンタール商法>第2編 商行為 (コンメンタール商法)>商法第596条

条文[編集]

(場屋営業者の責任)

第596条
  1. 旅館、飲食店、浴場その他の客の来集を目的とする場屋における取引をすることを業とする者(以下この節において「場屋営業者」という。)は、客から寄託を受けた物品の滅失又は損傷については、不可抗力によるものであったことを証明しなければ、損害賠償の責任を免れることができない。
  2. 客が寄託していない物品であっても、場屋の中に携帯した物品が、場屋営業者が注意を怠ったことによって滅失し、又は損傷したときは、場屋営業者は、損害賠償の責任を負う。
  3. 客が場屋の中に携帯した物品につき責任を負わない旨を表示したときであっても、場屋営業者は、前二項の責任を免れることができない。

改正経緯[編集]

2018年改正により、第594条の以下の条項から現代語化の上、移動。本条にあった、場屋営業者の責任に係る債権の消滅時効にかかる条項は第597条に移動した。

  1. 旅店、飲食店、浴場其他客ノ来集ヲ目的トスル 場屋ノ主人ハ客ヨリ寄託ヲ受ケタル物品ノ滅失又ハ毀損ニ付キ其不可抗力ニ因リタルコトヲ証明スルニ非サレハ損害賠償ノ責ヲ免ルルコトヲ得ス
  2. 客カ特ニ寄託セサル物品ト雖モ場屋中ニ携帯シタル物品カ場屋ノ主人又ハ其使用人ノ不注意ニ因リテ滅失又ハ毀損シタルトキハ場屋ノ主人ハ損害賠償ノ責ニ任ス
  3. 客ノ携帯品ニ付キ責任ヲ負ハサル旨ヲ告示シタルトキト雖モ場屋ノ主人ハ前二項ノ責任ヲ免ルルコトヲ得ス

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
商法第595条
(受寄者の注意義務)
商法
第2編 商行為

第9章 寄託

第1節 総則
次条:
商法第597条
(高価品の特則)
このページ「商法第596条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。