建物の区分所有等に関する法律第32条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動: 案内検索

法学民事法建物の区分所有等に関する法律コンメンタール建物の区分所有等に関する法律建物の区分所有等に関する法律第32条)(

条文[編集]

(公正証書による規約の設定)

第32条  
最初に建物の専有部分の全部を所有する者は、公正証書により、第4条第2項、第5条第1項並びに第22条第1項ただし書及び第2項ただし書(これらの規定を同条第3項において準用する場合を含む。)の規約を設定することができる。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]

外部リンク[編集]

  • 昭和58年10月21日民一6085号民事局長通達
このページ「建物の区分所有等に関する法律第32条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。