民事執行法第183条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民事執行法

条文[編集]

(不動産担保権の実行の手続の停止)

第183条
  1. 不動産担保権の実行の手続は、次に掲げる文書の提出があつたときは、停止しなければならない。
    一 担保権のないことを証する確定判決(確定判決と同一の効力を有するものを含む。次号において同じ。)の謄本
    第181条第1項第一号に掲げる裁判若しくはこれと同一の効力を有するものを取り消し、若しくはその効力がないことを宣言し、又は同項第三号に掲げる登記を抹消すべき旨を命ずる確定判決の謄本
    三 担保権の実行をしない旨、その実行の申立てを取り下げる旨又は債権者が担保権によつて担保される債権の弁済を受け、若しくはその債権の弁済の猶予をした旨を記載した裁判上の和解の調書その他の公文書の謄本
    四 担保権の登記の抹消に関する登記事項証明書
    五 不動産担保権の実行の手続の停止及び執行処分の取消しを命ずる旨を記載した裁判の謄本
    六 不動産担保権の実行の手続の一時の停止を命ずる旨を記載した裁判の謄本
    七 担保権の実行を一時禁止する裁判の謄本
  2. 前項第一号から第五号までに掲げる文書が提出されたときは、執行裁判所は、既にした執行処分をも取り消さなければならない。
  3. 第12条の規定は、前項の規定による決定については適用しない。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民事執行法第182条
(売却の実施の終了後に執行停止の裁判等の提出があつた場合の措置)
民事執行法
第3章 担保権の実行としての競売等
次条:
民事執行法第184条
(売却の許可又は不許可の決定に対する執行抗告)
このページ「民事執行法第183条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。