民事訴訟法第132条の3

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法>民事訴訟法>民事訴訟規則

条文[編集]

(訴えの提起前における照会)

第132条の3
  1. 予告通知を受けた者(以下この章において「被予告通知者」という。)は、予告通知者に対し、その予告通知の書面に記載された前条第三項の請求の要旨及び紛争の要点に対する答弁の要旨を記載した書面でその予告通知に対する返答をしたときは、予告通知者に対し、その予告通知がされた日から四月以内に限り、訴えの提起前に、訴えを提起された場合の主張又は立証を準備するために必要であることが明らかな事項について、相当の期間を定めて、書面で回答するよう、書面で照会をすることができる。この場合においては、同条第1項ただし書及び同条第2項の規定を準用する。
  2. 前項の照会は、既にされた予告通知と重複する予告通知に対する返答に基づいては、することができない。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民事訴訟法第132条の2
(訴えの提起前における照会)
民事訴訟法
第1編 総則
第6章 訴えの提起前における証拠収集の処分等
次条:
民事訴訟法第132条の4
(訴えの提起前における証拠収集の処分)
このページ「民事訴訟法第132条の3」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。