民事訴訟法第226条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民事訴訟法民事訴訟法第226条

条文[編集]

(文書送付の嘱託)

第226条  
書証の申出は、第219条の規定にかかわらず、文書の所持者にその文書の送付を嘱託することを申し立ててすることができる。ただし、当事者が法令により文書の正本又は謄本の交付を求めることができる場合は、この限りでない。

解説[編集]

  • 第219条(書証の申出)

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民事訴訟法第225条
(第三者が文書提出命令に従わない場合の過料)
民事訴訟法
第2編 第一審の訴訟手続

第4章 証拠

第5節 書証
次条:
民事訴訟法第227条
(文書の留置)


このページ「民事訴訟法第226条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。