国家賠償法第2条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

法学コンメンタール国家賠償法

条文[編集]

第2条
  1. 道路、河川その他の公の営造物の設置又は管理に瑕疵があったために他人に損害を生じたときは、国又は公共団体は、これを賠償する責に任ずる。
  2. 前項の場合において、他に損害の原因について責に任ずべき者があるときは、国又は公共団体は、これに対して求償権を有する。

解説[編集]

損害賠償責任は、無過失責任である。

要件[編集]

公の営造物(公物)の範囲[編集]

公の営造物(公物)とは、
  • 国または公共団体により公の目的に供される有体物ないしは物的施設をいう。(判例・通説)
    • 公の目的に供される」の意義
    • 有体物ないしは物的施設」の意義
      1. 不動産及びその付帯物のみならず動産も含まれる(民法第717条との対比)

設置又は管理の瑕疵[編集]

不可抗力[編集]

参照条文[編集]

  • 民法第717条(土地の工作物等の占有者及び所有者の責任)

判例[編集]

1項

前条:
国家賠償法第1条
国家賠償法
次条:
国家賠償法第3条
このページ「国家賠償法第2条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。