民事訴訟法第91条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

法学民事法>民事訴訟法>民事訴訟規則

条文[編集]

(訴訟記録の閲覧等)

第91条  
  1. 何人も、裁判所書記官に対し、訴訟記録の閲覧を請求することができる。
  2. 公開を禁止した口頭弁論に係る訴訟記録については、当事者及び利害関係を疎明した第三者に限り、前項の規定による請求をすることができる。
  3. 当事者及び利害関係を疎明した第三者は、裁判所書記官に対し、訴訟記録の謄写、その正本、謄本若しくは抄本の交付又は訴訟に関する事項の証明書の交付を請求することができる。
  4. 前項の規定は、訴訟記録中の録音テープ又はビデオテープ(これらに準ずる方法により一定の事項を記録した物を含む。)に関しては、適用しない。この場合において、これらの物について当事者又は利害関係を疎明した第三者の請求があるときは、裁判所書記官は、その複製を許さなければならない。
  5. 訴訟記録の閲覧、謄写及び複製の請求は、訴訟記録の保存又は裁判所の執務に支障があるときは、することができない。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民事訴訟法第90条
(訴訟手続に関する異議権の喪失)
民事訴訟法
第1編 総則
第5章 訴訟手続
第1節 訴訟の審理等
次条:
民事訴訟法第92条
(秘密保護のための閲覧等の制限)
このページ「民事訴訟法第91条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。