民法第1002条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第5編 相続 (コンメンタール民法)

条文[編集]

負担付遺贈

第1002条
  1. 負担付遺贈を受けた者は、遺贈の目的の価額を超えない限度においてのみ、負担した義務を履行する責任を負う。
  2. 受遺者が遺贈の放棄をしたときは、負担の利益を受けるべき者は、自ら受遺者となることができる。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
民法第1001条
(債権の遺贈の物上代位)
民法
第5編 相続
第7章 遺言
第3節 遺言の効力
次条:
民法第1003条
(負担付遺贈の受遺者の免責)
このページ「民法第1002条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。