民法第898条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール民法第5編 相続 (コンメンタール民法)

条文[編集]

共同相続の効力)

第898条
  1. 相続人が数人あるときは、相続財産は、その共有に属する。
  2. 相続財産について共有に関する規定を適用するときは、第900条から第902条までの規定により算定した相続分をもって各相続人の共有持分とする。

改正経緯[編集]

2021年改正にて第2項が追加された。

解説[編集]

参照条文[編集]

判例[編集]


前条:
民法第897条の2
(相続財産の保存)
民法
第5編 相続

第3章 相続の効力

第3節 代理
次条:
民法第899条
(共同相続の効力)


このページ「民法第898条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。