民法第1011条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
Jump to navigation Jump to search

(相続財産の目録の作成)

第1011条
  1. 遺言執行者は、遅滞なく、相続財産の目録を作成して、相続人に交付しなければならない。
  2. 遺言執行者は、相続人の請求があるときは、その立会いをもって相続財産の目録を作成し、又は公証人にこれを作成させなければならない。



関連条文[編集]

前条:第1010条(遺言執行者の選任)

次条:第1012条(遺言執行者の権利義務)




このページ「民法第1011条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。